全ての投稿記事

かなりストレートに「藤子・F・不二雄作品らしさ」というか、藤子F作品特有のモチーフが前面に出ていてある意味、初期藤子SF作品のターニングポイント的作品なのではなかろうか、と思いました。この作品以後は漫画らしい設定とかアクションなど、娯楽の奥行きが深くなる作品が主流になっていく印象があります。

続きを読む

終了マジで、濱吟カレー美味しや宇宙の道しるべ! GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの思い出【マイ聖地探訪の旅】濱吟カレーおいしい、チーズバーガーおいしい。動くガンダムも面白い。素晴らしいイベントだったと改めて思うGUNDAM FACTORY YOKOHAMA。撮った写真等も含めて紹介させていただきます。

続きを読む

私は2年前の夏に一度行っているのですが、あの〝動くガンダム〟「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が遂に2024年3月31日で終了されると聞き、最後の思い出作り&限定ガンプラが残っているかを見に3月10日ごろ、横浜に行ってきました。でも、場内は2年前に行った時とは隔世の感がありました。

続きを読む

テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」第16話『ビーメラ星地下牢の死刑囚!』より。森雪とアナライザーが主役になるエピソード。こういう本筋から離れた話がヤマトにもあるのは知らなかった。SFとしてハードなテーマながら、アナライザーの悲哀、人間的な悲哀を感じさせる内容は、考えさせられるものがありました。

続きを読む

世界の鬼滅の刃ファンが集い、新シリーズ放映を祝う寿ぎ(ことほぎ)イベント〝ワールドツアー上映〟。
前回も舞台挨拶上映を見に行ったので今回もと、初日2月2日の舞台挨拶上映を見に日比谷のTOHOシネマズに行ってきました。(①②まとめ、ギャラリー追加版)

続きを読む

ムーミンといえば、私は岸田今日子さんが声の主演をしていた「昭和ムーミン」の印象が強いのですが、本場フィンランドで制作されたパペットアニメーションが公開されると聞き、見に行きました。見てみると、日本の「ムーミン」とはかなり趣が違う作品なので驚きました。これが本来の「ムーミン」なのですね…

続きを読む

初代の劇場版によるヤマトブームが起こったのは私が幼稚園児の頃で「ヤマト 劇場版」も、「さらば宇宙戦艦ヤマト」もリアルタイムで劇場では見ていない。今回、その二作が4Kリマスター化されて劇場公開されると聞き、日本初のアニメブームとなったあの当時の雰囲気をちょっとでも追体験出来ればと、両作品とも都内映画館で鑑賞しました。

続きを読む

現在テレビで絶賛放送中『葬送のフリーレン』。前々から、少年マンガとしてのセオリーを全てぶち壊すかのような作風と、勇者ヒンメルの内面的イケメンぶりにワクワクしながら読んでおりました。その魅力について考えてみました。

続きを読む

原作は短いエピソードの連続なので、明確なストーリーはない。そのため映画版は原作にはないエピソードを挿入してアレンジがなされていました。原作のテーマそのものはややぼやけているとも言えるかもしれないのですが、映画版は原作のメッセージを何倍にも強いものにしているとも思いました。

続きを読む

タレント黒柳徹子さんの自伝的小説「窓ぎわのトットちゃん」。今年の冬、初めてアニメ映画として映像化されると聞き、前々から興味があった本書を読みました。読んで圧倒されたのは、トットちゃんの過ごした幸せなトモエ学園時代、それをつくり出した小林宗作氏という教育者の信念、そのお互いの信頼関係の美しさでした。

続きを読む

10/87